オイル交換 ほか

土曜日の休日。

じつは、その週の仕事の昼休みにボンネットを開け、ブレーキオイル・クラッチオイル等を
目視チェックしていたら、ブレーキオイルが減っていた。

何日か前にも補給したの、これは??と思いタイヤ裏あたりをチェックも漏れの気配
は無さそう。

ちょうど1年前、マスターからリアへ分岐するパイプの一番リア側から漏れていて、
即『かたつむり』にて即交換(日英の1本物のパイプのストックがあるんですよっ!)
修理対応してもらった事が脳裏をよぎる・・・。

今回はフロント側へ分岐するパイプの所に雫的なものが・・・。

で、土曜の休日AMは自治会関係で時間をとられPMから『かたつむり』へ。

結論から言うと、パイプ根元のナットの緩み(今のところ)が原因ではないかと。
特工で増し締めしてもらい経過観察する事に。

せっかくなんで、オイル交換を実施。

20130928oil.jpg

20130928oil2.jpg


さらに、以前DIYでドア内張りのドアロックベゼルを瞬接で取り付けたのが外れかけてたのでハナクソボンドを借りようと思った時、

『その袋の中に・・・』と古めかしい袋の中に黒光りした新品のベゼルが!
当時(日英)のストック品!

ついでに取付てもらった。
ただ単に、あてがってバンバンはNG。
下手するとドア側のスチールの受けが押されてしまい、結果クリアランスが拡がりハメコミ不可になるとの事。

20130928 door1

じつは、運転席側はDIYでベゼルに穴を開け適当なビスでとめてます・・・。
そうなる前に言えばよかった(-_-)

たかがベゼルの取付、されど・・・

やはり、当時(勿論インジェクションモデルより遥か以前)ミニの新車(国産車や二輪も含む)&パーツの状態・モータースポーツを含む時代背景などなどを肌身に感じ時代とともに生きて来られた『ショップ』であるが故の、何と言うか・・・・
知らない人に理解しやすく言うならば、
語弊があるかもしれないけど、

ノウハウ(この言葉だけでは言い表せませんが)

があるので話をしていてもアッという間に時間が経ってしまいます。 
¥安い本には決して書いて無い様な事など・・・。



かつて代理店だったので、こんなパンフがありました!!
とても綺麗な状態で。

2013jkd1.jpg

2013jkd2.jpg

2013jkd3.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 英国車ミニへの想い - ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)