スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pバルブ

以前、

ブレーキマスター → Pバルブボディ → F&Rブレーキ

のPバルブからFブレーキへの配管の取付根元から僅かに濡れた感じで
ブレーキオイルが漏れ出ていて、増し締めで様子を見ていたが・・・

最近、また再発のため部品取車クンからPバルブボディを外し、かたつむりへ。

結局、パイプの交換&取回し変更で解決。

ついでに燃料ホースの亀裂&劣化を発見していたので交換。

さらにキャブの冬季調整(濃いめに)。

プラグを6番から5番へ。

オイルフィラーキャップ&エンジンサイドの煙突(ブローバイ)の乳化掃除。
ドロドロでした・・・。



ブレーキパイプ交換のためにクラッチレリーズフォークを外して、ついでに掃除して注油
したこともあり、ブレーキもだけど、エンジンが元気になりクラッチペダルのフィールも
良くなりました!

20131214pv.jpg




DIYでクラッチマスター交換してから1年。



今年も色々あったけど、まぁなんとか・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 英国車ミニへの想い - ジャンル : 車・バイク

Tag : ミニ 島根 ブレーキ Pバルブ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。